読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tink times

気まぐれで投稿するD系ブログです

【考察】ハピネスイズヒアに隠されたこだわり

今回は東京ディズニーランドのデイパレード、「ハピネス・イズ・ヒア」について少しだけ考察していきます。

このパレードは東京ディズニーランド開園30周年を記念して2013年に始まったパレードで、遊園地のメリーゴーランドをコンセプトとしているのです。

海外のパレードと製作プロデューサーが同じなど、類似点がたくさん見られるこのパレードも残る公演期間は1年となりました。

しかしそんな東京ディズニーランドを祝うパレードですが、また別のこだわりがあるのです。

f:id:disneyocean:20170120182207j:image

"Happiness Is Here" via Tokyo Disneyland Official Site

それはパレード終盤、ドナルドとデイジーが乗るフロートの前方にあるこのDの文字です。(このフロートの各所にもあります)

f:id:disneyocean:20170120231159j:image

実はこのDのフォントは本家本元アナハイムのディズニーランドとフロリダのマジックキングダムのみで使われているフォントであり、Dが使われているのはアナハイムのDisneylandのDだけなのです。

f:id:disneyocean:20170206014221p:image

こちらはディズニーランドリゾートのエントランスにある門です(2016/9撮影)ロゴにご注目。

そうです、このメリーゴーランドのある遊園地とはアナハイムのディズニーランドのことだったのです。

東京ディズニーランドのお祝いパレードという意味だけでなく、ウォルト・ディズニーが描いた「大人も子供も幸せになれる場所」というディズニーランドのコンセプトも隠されていたのですね。

「ハピネス・イズ・ヒア」直訳すると「ここは幸せな場所」ということで、まさにウォルト・ディズニーの想いを具現化したパレードなのです。

 

公演期間も残り1年となりましたが、次に観る時はウォルト・ディズニーに想いを馳せながら観てるのもいいかもしれません。

 

おまけ

f:id:disneyocean:20170206014345p:image

こちら昨年のハロウィン期間に撮ったディズニーランドのエントランスです。舞浜よりポップですね。笑