Tink times

気まぐれで投稿するD系ブログです

香港ディズニーのハロウィーングリーティング

こんにちは。管理人です。

上記の記事でご紹介した通り、今年のハロウィーン「ディズニー・ハロウィーン・タイム2018」では数多くのキャラクターグリーティングが行われています。今回は初日に回った様子も含めてご紹介したいと思います。(回れてないところもあります。)

f:id:disneyocean:20180919033357j:image

 

◎ジャック・スケリントン&フレンズ

まずは今年公開25周年の「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のグリーティングからです。

場所はシティーホール横のアネックスです。


f:id:disneyocean:20180919135607j:image

f:id:disneyocean:20180919135604j:image

キャラクターはジャック・スケリントンとサリー、ウギー・ブギーの2組です。(初日のみプラスプレビューの関係でジャック、ウギー・ブギーの組み合わせ)今年もとても可愛い2人でした。1組づつ建物の中に入れてくれるのでグリーティングしやすいです。待ち時間は20分ほど。

 

◎ミッキーとミニー

つぎはパークのホストであるミッキーとミニーです。今年のハロウィーンではコスチュームが新しくなり、紫のスチームパンク風のコスチュームになりました。場所はいつもと変わらず、メインストリートUSAのガゼーボです。

f:id:disneyocean:20180919135628j:image

ファッショナブルイースタースチームパンクに似たコスチュームになっており、とても人気がありました。初日は朝イチで並んで2時間待ちました。

 

◎ドナルドとデイジー

今回は待ち時間の関係上並ぶことができませんでしたが、こちらもスチームパンクのコスチュームとなりとても可愛くなりました!場所はいつもと変わらずメインストリート手前のシティホール側です。

(初日のみ逆側、チデのポジ)(写真はツイッターから)

 

グーフィーとプルート

こちらもスチームパンク風のコスチュームです。場所はいつもと変わらずメインストリートUSA奥のキャンディショップの隣です。

f:id:disneyocean:20180919135727j:image

こちらのグーフィーもファッショナブルイースタースチームパンクに近い感じでした。そしてとにかくプルートが元気でした。笑 昼過ぎに行くと20分ほどの待ち時間でグリーティングができました。

 

チップとデール

こちらはスチームパンク風ではなくパープル風コスチューム。かぼちゃのバケツを持ってとても可愛い2人です。場所はメインストリート手前アートオブアニメーション側。(初日のみグーフィーとプルートと同場所で交互)

f:id:disneyocean:20180919135952j:image

相変わらずお茶目なお2人です。可愛い。こちらも昼過ぎにいって待ち時間は20分ほど。

 

◎ダッフィー &フレンズ

やはり人気が高く、開始時間の20分前に行ってもラインカットされていたという状況でしたので、今回もグリーティングすることはできませんでした。ダッフィー&フレンズは全体的に紫のコスチュームになり、とても可愛らしくなりました。場所はいつも同じくダッフィー ショップのお隣です。初日はダッフィー とクッキーの固定でしたが、今後ランダムになることもあるかもしれません。(すでにダッフィー とメイちゃんの組み合わせがあったみたい)

f:id:disneyocean:20180919140441j:image

(写真は公式から)

 

◎プー&フレンズ

他のグリーティングの待ち時間の兼ね合いもあり、今回もグリーティング出来ず。去年からコスチューム変更があったみたいですが、去年もグリーティングできなかったので未確認。場所はファンタジーガーデンで毎日特定の時間内にのみ登場。グリーティングを行なっていない時間はお菓子を配るトリックオアトリートの施設になっていました。

f:id:disneyocean:20180919140453j:image

(写真は公式より)

 

ヴィラン

日没後のファンタジーガーデンでは「ヴィランズ・ナイトアウト!」に登場するキャラクターを中心に、ヴィランズがランダムで登場。確認できているだけでフック船長、フロロー、ハデス、ウルフ、マレフィセント、イーヴィルクイーン、ハートの女王、クルエラが登場。「ナイトアウト!」直前までの営業。

f:id:disneyocean:20180919140524j:image

この日出会えたのはキャプテンフックのみ。初日は存在感が薄いのか、待ってるゲストも多くなく、毎回5分ほどでグリーティングできる状態。あと少しでハデスも来るよって言われてたのですが「ナイトアウト!」の時間が迫っていたので断念。

 

ハロウィーン関連のグリーティングはこれくらいでしたが、かなり多く初日ということもあり混雑していたのでなかなか全てを回ることは出来ませんでした。これから行かれる方は余裕をもってグリーティングに2日は割いていただくのがベストかと思います。

 

ハロウィーン期間中に香港リベンジしたいなぁ。。笑

香港ディズニーのハロウィーンをご紹介!

こんにちは。お久しぶりです。今年もハロウィーンの季節がやってきました。舞浜のハロウィーンイベントはいろんなブログで紹介されていると思うので、今回は9月13日から10月31日の期間で開催されている、香港ディズニーランドハロウィーンイベント「ディズニー・ハロウィーン・タイム 2018」を紹介したいと思います。

f:id:disneyocean:20180919030545j:image

イベント初日に行ってきたのでその時の様子をご紹介します。

 


f:id:disneyocean:20180919001449j:image

f:id:disneyocean:20180919001559j:image

今年は1993年に公開された「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」が公開25周年となる為、全体的に「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」が前面に押し出されています。エントランスの屋根の上にもジャックとウギーブギーのモニュメントがあります。

 

そして昨年同様「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のキャラクターたちとグリーティングができました。また昨年とはコスチュームを一新したミッキー&フレンズ、ダッフィー &フレンズともグリーティングができます。グリーティングの様子はまた別記事でご紹介します。

 

では今年の「ディズニー・ハロウィーン・タイム」でのエンターテイメントをご紹介します。

 

◎「ミッキーのハロウィーン・タイム・ストリート・パーティー」

f:id:disneyocean:20180921003935j:image

ハロウィーン期間限定のミニパレードです。今年は去年や通常のパレードとは違い、パレードルートを逆走します。パレード音楽やダンス音楽は昨年と同様でTDL2006年のハロウィーンパレードの「Are You Ready for Halloween?」も使われていますよ!!ぜひ現地で聴きたい方はいますぐにでも航空券を予約して飛んでみてください!!笑


f:id:disneyocean:20180921003842j:image

f:id:disneyocean:20180921003839j:image

f:id:disneyocean:20180921003737j:image

フロートに乗っているのはミッキー、ミニー、グーフィーで徒歩キャラクターはプルート、チップ、デール、ドナルド、デイジー、ダッフィー 、シェリーメイ、ジェラトーニです。盛りだくさんです。笑

f:id:disneyocean:20180921124037j:image

ダンスタイムではハブに設置された特設ステージにプルートとチップ、デールそしてMC2人が上がり、みんなとダンスをします。とてもいいパレードですよ。

 

◎「ヴィランズ・ナイトアウト!チャプター3」

f:id:disneyocean:20180921003714j:image

夜が更けてくるとパークは昼とは一転し、邪悪な雰囲気が漂い出します。ミニパレード「ヴィランズ・ナイトアウト!」の始まりです。このパレードも昼のパレードと同様、通常のパレードルートを逆走してきます。

今年は去年までのキャラクターに加え、マレフィセントが徒歩キャラクターとして追加登場。ハブのステージでヴィランズによるダンスがあります。邪悪でカッコよく、少しTDSの「ヴィランズ・ワールド」に似たパレードです。

 

◎「ジャーニー・トゥ・ハロウィーン・タウン」

f:id:disneyocean:20180921003646j:image

アドベンチャーランドのパビリオンに期間限定でオープンしたウォークスルー型アトラクションです。このアトラクションは今年公開25周年を迎えた「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」に登場する「ハロウィーン・タウン」にゲストが遊びに行くというアトラクションです。内部やQラインはかなり作り込まれており、今年の目玉といっても過言ではないアトラクションです。WDIが本気を出した最新アトラクションという感じです。

f:id:disneyocean:20180919025516j:image

フォトロケーションもかなりの出来です。笑 Qラインには墓掘り人のゾンビ?がウロウロしており、アトラクションに乗る前から雰囲気を醸し出しています。内部も「ハロウィーンタウン」が忠実に再現されており、かなり面白いです。今から航空券を買って今すぐにでも乗りに行くべきです。笑

 

 

◎他にも盛りだくさん。

主なエンターテイメントは3つですが、まだキャラクターグリーティングがあります。キャラクターグリーティングに関してはまた次回ご紹介したいと思います。

f:id:disneyocean:20180919030047j:image

最後にシェフミッキーで見かけたジャックをのせておきます。笑

 

今年も香港ディズニーランドで「あの名曲」が使われる?

こんにちは。ついに9月になりました。なんの時期かといいますと、ご存知ディズニーハロウィーンの季節でございます。昨年は東京パークには1日しか行ってないのに、香港パークに3日、上海パークに2日行くというわけのわからんことをした季節です。笑

 

f:id:disneyocean:20180905031949j:image

そして今年も行きます香港ディズニー。去年は東京ディズニーランドの2006年のハロウィーンパレードの音楽"Are You Ready for Halloween?"が使われて話題になりましたが、今年はどうなるのでしょうか。

f:id:disneyocean:20180906002156j:image

噂によると昼のハロウィーンパレード「ミッキーのハロウィーン・タイム・ストリート・パーティー」は昨年の再演となるとのことなので、音源もそのままの可能性が高いです。昨年見逃したけど今年は行けるかも!って方は今年行くことをオススメします笑

f:id:disneyocean:20180905032430j:image

そして今年は夜のパレード「Villans' Night Out」がChapter 3としてアップデートされて返ってきます!昨年までのアースラ、イービルクイーン、ジャファーの御三方に加えて先頭にマレフィセントが初登場します!さらに邪悪なパレードになりそうですね。噂では途中でショーもあるとか?

f:id:disneyocean:20180906002253j:image

また期間限定アトラクションとして今年公開25周年を迎えたナイトメアビフォアクリスマスのウォークスルー型のアトラクション「ジャーニー・トゥ・ハロウィーン・タウン」もオープンします。ハロウィーン期間だけの限定アトラクションなので是非体験したいですね。

f:id:disneyocean:20180906002452j:image

今年の香港ハロウィーンもなかなか盛りだくさんな内容で、今年もまた東京パークには行けない気がしますが、仕方ないです笑

行ったときはツイッターでレポをしますねー。

f:id:disneyocean:20180906002622j:image

新コス可愛い。楽しみ。

 

-------追加-------

結果。今年も使われました。逆走でしたがw

 

香港国際空港からHKDLまで。(バス編)

お久しぶりです。6月に香港ディズニーランドに行ってきたときに書こう書こうと思ってた記事をようやく書けました。

前回のレポで香港国際空港からHKDLまでエアポートエクスプレスを使って800円ほどで行く方法をご紹介しましたが、今回は香港名物2階建てバスとメトロを乗り継いでお安く行く方法をご紹介します。覚えてしまえば簡単です。

f:id:disneyocean:20180608002220j:image

 

今回も香港エクスプレスで行ったので、日本出国してから香港入国までは省略します。

 

1.香港空港からバスに乗る

入国審査が終わり、到着ロビーに着いたらまずはエアポートエクスプレスの券売機を探してください。僕が行った時はこのようにWelcome to Hong Kong という看板が上にかかってましたw

f:id:disneyocean:20180608003429j:image

その券売機の前にある下に降りる階段を降りていきます。

f:id:disneyocean:20180608004005j:image

階段を下りきって扉を開け、左でずっと進むとバス停がいくつかあるので、そこからS1かS64と書かれたバス停を探してください。
f:id:disneyocean:20180608004016j:image

バスは10分〜15分間隔ほどで運行しているようで待ってるとすぐにバスが到着します。香港ならではの二階建てバスです。
f:id:disneyocean:20180608003939j:image

2.バスにのって東涌駅に移動

バスに乗って20分ほど揺られると(道がガタガタなのかかなり揺れます)東涌駅に到着します。バス停を降りるとMTRの駅は目の前なので徒歩で移動。
f:id:disneyocean:20180608004009j:image

3.東涌駅からMTRに乗ってひと駅移動

東涌駅という看板が見えたらそれをくぐって駅構内にある改札を抜け、地下にあるホームへ。
f:id:disneyocean:20180608003935j:image

東涌駅は終点になるのでホームのどちらかに止まっている電車に乗ってください。すぐに発車するはずです。
f:id:disneyocean:20180608003947j:image

東涌駅の次の駅であるサニーベイ駅でディズニーランドリゾートラインに乗り換えます。
f:id:disneyocean:20180608004001j:image

4.サニーベイ駅でディズニーランド線に乗り換えてひと駅で到着

サニーベイ駅で降りたら階段を渡った向こうのホームになるので看板に従って乗り換えてください。
f:id:disneyocean:20180608004012j:image

乗り換えた先のホームはこんな感じになってます。ここにリゾートラインが来るのでそれに乗ります。
f:id:disneyocean:20180608003943j:image

リゾートラインに乗るとひと駅でディズニーランド駅に着くのでこれで到着です。
f:id:disneyocean:20180608003956j:image

 

空港から40分ほどでパークまで着きました。料金もバス50円、MTR210円と260円程しかかからずに来れました。これから香港旅行をするひとにはオススメのルートです。わりと簡単です。

 

また近いうちに香港に行く気がします。。。笑

ダッフィー に新しいお友達登場か。

◉近いうちに登場か。

5月30日のお昼過ぎにツイッター上でとあるツイートが話題になりました。それがこちらです。

どうやら香港ディズニーランドにおいて新しいダッフィの仲間が登場するようだと、現地ブロガーさんが報じたのです!

そして翌5月31日から香港ディズニーランドに行きましたので、現地の様子を写真で軽くご紹介します。

f:id:disneyocean:20180608000146j:image

ダッフィー&フレンズのイースターエッグが置いてある場所には新たに黄色のイースターエッグが追加されています。(!)
f:id:disneyocean:20180608000200j:image

ダッフィーショップの店内へ続く黄色い足跡もあります。
f:id:disneyocean:20180608000136j:image
f:id:disneyocean:20180608000150j:image
f:id:disneyocean:20180608000132j:image
f:id:disneyocean:20180608000142j:image

ダッフィーショップの周りの窓には新しいお友達のものと思われるデコレーションが施されていました。

f:id:disneyocean:20180608132210p:image

そしてWDCが5月に提出したと思われる商標の中に「Cookie Ann」というものがあり、一部情報によるとこれは新しいお友達の名前だとわかりました。

f:id:disneyocean:20180608132218p:image

また現地でキャストさんに聞いてみたところ、通称「クッキー」は「黄色い犬」であり、「この夏」登場予定とのこと、またこの子は「料理が好き」であるということがわかりました。

f:id:disneyocean:20180608000156j:image

そして本日6月7日に公式ホームページが更新され、ダッフィー の新しいお友達はこの夏に香港ディズニーランドで登場することが掲載されました。

f:id:disneyocean:20180607235932j:image

僕は個人的に夏イベが始まる6月21日に登場するのではと睨んでいますのでその付近のツイッターは見逃せませんw

f:id:disneyocean:20180608132225p:image

 

◉新しいお友達は7月3日にデビューと発表。

(2018.6.12追記

香港の現地ブロガーさんの元に香港ディズニーランドより7月3日に新しいお友達とデビューセレモニーやるから来てねという招待状が配布されたようです。これには新しいお友達のコメントも載っており、彼女(彼)もみんなに会えることを楽しみにしているとのことです。

7月3日の午前中のタイムラインが楽しみですね。日本からも誰か行きそうですね、もしかしたら360さんも行くのかな。

 

そして現時点では詳細は不明ですが、興味深い情報がいくつか出回っています。果たしてその情報の真偽はいかに。

 

追記

クッキーちゃん、発表されましたね。ハロウィーンにもはやくも参戦するとの噂です!待ちきれないですね!

f:id:disneyocean:20180830120726j:image
f:id:disneyocean:20180830120722j:image
f:id:disneyocean:20180830120731j:image

クッキーとダッフィー は「アメリカのメインストリート」で出会いました。香港ではなくアメリカという点が注意が必要ですね。いつか東京にも来そうですね。笑

image souce:HMSG(https://hkmsg.blogspot.com/2018/06/duffy.html?m=1)

WDWにおいてニュールックに全面切り替え。残るは舞浜のみ。

フロリダWDWにおいて2018年5月13日をもってミッキーのミニーがニュールックに全面的に切り替えになりました。

f:id:disneyocean:20180516094558j:image

◉今までのニュールック導入の流れ

2016年6月にオープンした上海ディズニーランドに合わせて見た目が変わったニュールックミッキー。その後もアウラニ、アナハイム、香港、クルーズ、パリと全面切り替えが進んでいました。唯一新旧のフェイスが混在していたWDWが全面切り替えが完了した状態になりました。

 

また今月頭に日本においてディズニーオンアイスを運営する会社でもニュールックに切り替わったことが確認されていました。

f:id:disneyocean:20180516095318p:image

これにより旧ルックを使用しているのは東京ディズニーリゾートが唯一となってしまいました。

 

◉東京はどうなるのか

今回のWDWの変更によって東京でも変更が秒読みと噂され始めましたし、一部情報筋によると本来ならば東京も35周年イベントが始まる今年4月には切り替わる予定だったようです。

このことからも舞浜にもニュールックはすでに上陸していてデビュー待ちという状態だということがわかります。

f:id:disneyocean:20180516094519j:image

現在のところ最有力なのが35周年イベントが終わった翌日である2019年3月26日がひとつの節目と見る動きが有力視されています。

今までもアナハイムが60周年イベントが終了した翌日、香港がホリデーイベント終了翌日にそれぞれ変更されていることからこのタイミングでの変更は大いにあり得ることだと思います。

 

◉果たしてニュールックはどうなのか

ニュールックに賛否両論があるのは事実ではありますが、変化や進化というものには常に適応してきた我々なら適応することができると思います。また僕は香港や上海ですでに数回グリーティングをしていますがニュールック、可愛いです。本当に可愛くて僕は旧ルックよりニュールックのほうが好きです。笑

f:id:disneyocean:20180516094506j:image

35周年期間にいまのルックを見納めしつつ海外ディズニーで早めに慣れておくといいのではないかなと思います。

パリの春イベから見る今後のディズニーパーク

お久しぶりです。舞浜ではラストイヤーのアナ雪イベントと初開催のピクサープレイタイムが終了して、TDSではファッショナブルイースターが始まり、TDLでも35周年という盛大なイベントが始まろうとしています。

 

一方海外パークに目を向けてみると、アナハイムでは4月から初開催のピクサーフェスタが始まります。フロリダでも6月にトイストーリーランドがオープンします。香港でも春イベントが来週から始まります。上海では今月、TDS発のステラ・ルーがデビューしたばかりです。そんな中パリでは今月末からフェスティバル・オブ・パイレーツ・アンド・プリンセスというイベントが行われます。このイベントはこれまでのディズニー作品に対する考え方を大きく転換させられるイベントです。

f:id:disneyocean:20180316204319p:image

 

昨年4月から25周年イベントを開催しているディズニーランドパリですが、今年4月からは"Festival of Pirates & Princesses"という海賊とプリンセスのイベントを行います。海賊とプリンセスというと似ても似つかぬ存在な両者ですが、DLPはこの2つをチームにしてダンスバトルを行うと発表したのです。

 

 

近年アメリカではディズニー映画に対するプリンセス像というものが議論されてきていました。その結果、「プリンセスはヴィランズに囚われながらプリンスを待ち続けていたら突然プリンスがヴィランズを倒して目の前に現れてハッピーエンド」という考え方(白雪姫やシンデレラ)はもう古いとされ、「プリンセスは自ら冒険し戦い自分のやりたいことを成し遂げる」という考え方(メリダやモアナ)の方が一般的とされつつあるのです。

その結果プリンセス物語は女の子の為のものではなく性別関係なく楽しめるものになったのです。

しかしいまだ日本にはプリンセス物語は女の子のものという概念が強く、昨年公開されたモアナのポスターも本国版とは異なるものになり、議論になったのです。

f:id:disneyocean:20180328161923j:image

"上が日本版下がUS版のポスター、US版の方は戦うプリンセス像の象徴のようである"

 

そして今回のイベントは前者の「冒険し戦うプリンセス」像をもとに海賊と対峙することになったのです。チームパイレーツにはミニーが、チームプリンセスにはミッキーがつき、それぞれのチームを応援します。このことも性別関係なく楽しめるということに起因しているのかなと思いました。

f:id:disneyocean:20180328162135j:image

"海賊vs.プリンセス"

 

そしてなによりこのイベントに先駆けて発表されたそれぞれのチームのダンスパートや本物のオペラ座で行われたプロモーションで流れているテーマソングにとてつもなくハマってしまいました。笑

 

海賊チームのダンスパート

プリンセスチームのダンスパート

オペラ座でもプロモーション

 

東京でもファッショナブルイースターが終わったらそのバージにプリンセスたちを乗せ、パイレーツサマーのバージに海賊たちを乗せて公演してほしいなと思っております。笑

 

今年は機会があればパリやアメリカのパークにも行ってみたいなと思っております。笑